みなさんは今、何の職業についていますか?

 

私は2017年9月まで東証1部上場企業、

正確には入社してから10年の間に東証2部→1部へと

変更になった東京のあるメーカー企業に勤めていましたが

 

・拘束される時間が長い(1日平均13時間くらい・・・)こと

・残業代に上限がありカットされていること

・功績を残しても評価が一律なこと

・時代の変化に会社がついていこうとしないこと

・初めてする育児との両立ができなかったこと

 

といった問題を抱え、悩んだ末に退職しました。

 

退職後はというと

まず頂いた退職金で自動車学校へ通いながら、

東京で購入した2LDKのマンションを売却し、

現在は家族の希望でもあった地方移住を果たし

環境はめまぐるしく変わりました。

 

仕事のほうはたまたま退職した企業へ入社する前に

在籍していた会社の社長さんに声をかけてもらい

設計や見積り、CADソフトを使った製図といった

地方からでも今のライフスタイルを崩さない範囲で

できる仕事を頂いています。

 

 

 

 

会社員としての限界と「時間=お金」のマインド

 

 

1日に与えられる時間は全ての人に平等に24時間です。

正社員として会社と雇用契約を交わし働く場合は1日の

3分の1である8時間を労働力として会社側へ提供して

その時間と引き換えにお給料としてお金を手にします。

 

アルバイトであっても契約社員であっても同じことです。

時給という形で1時間あたりの報酬が決められ

自分の時間をお金に換えているという訳です。

 

正社員であれ契約社員であれアルバイトであっても

給与額を決める一切の主導権は会社側が握っていて、

従業員ほぼ不利なかたちでその条件を受け入れる事になります。

 

お給料を上げるためにはキャリアを積みあげるか

提供する時間を増やすかになると思います。

中には残業時間を増やしたり、夜勤をする人もいるでしょう。

ですが1日は24時間しかないのです。

 

この「時間=お金」という

マインドから早く脱却しなければいけません。

あなたが会社員として時間を切り売りしている間に気づき

少しずつ変わっていく事がベストです。

 

 

 

成功者のマインドを知る

 

 

誰でも良くはありませんがあなたの身の回りで

たくさんのお金を稼いでる人物を想像してみてください。

彼らはなぜ、たくさんのお金を稼ぐことができるのか。

 

良い例を挙げると

マイクロソフト創業者のビルゲイツさん。

時給に換算して考えると、なんと私の年収以上の金額を

たった1秒で稼いでしまっている驚愕の事実・・・

 

私が1年という歳月をかけてやっと生活できるものを

ビルゲイツさんはたった1秒で稼いでしまう。

こんな理不尽なことがあるでしょうか。

 

でもこれが事実なんです( ;∀;)

しかもビルゲイツさんの場合、1日24時間のうち

彼の働く時間は正確には分かりませんが、

 

おそらくほとんど働いていないか、

仮に働いていたとしても数時間、いや1時間も無いかもしれません。

もうなんとなくそうだろうと思うかもしれませんが

彼らには「時間=お金」といった概念を持ち合わせていません。

 

Windowsというシステムが開発され、それがPCに取り込まれると

たちまち大ヒットし、それのおかげでとても便利な世の中になりました。

その便利さに人々はお金を喜んで払っているのです。

 

つまり成功者は

ありがとうをお金に換えるという概念

「感謝=お金」に重きを置いている事に気づかされます。

感謝される大きさに応じてその対価としてお金を受け取っているのです。

 

どの時代でも人々の困った事を解消するために

アイディアを出したり物を作ったりして、

いままで困っていたことを嘘のように解決してしまう。

人々はそのアイディアや物へ感謝しお金を払っている事に着目すべきです。

 

 

 

成功者になるために今から始める事とヒント

 

 

・本業の部分を見直す

敢えて本業と言いますが、これは今現在あなたが時間を切り売りしている

仕事の事です。

まず社内規定を確認して副業が認められているかをチェックします。

最近では働き方改革や人材確保の観点で副業可としている企業が多くなってきています。

 

そして会社がアウトプット重視の考え方を持っていたり、それを評価してくれるか。

これは会社にはいるけど何もしていない社員とやることをこなしている社員が

同じお給料だとしたらおかしいですよね?

たとえ「時間=お金」の働き方であっても

何をしたかきちんと評価してくれる会社に身を置くべきです。

 

 

・副業を始める

副業は必ず「感謝=お金」の概念を取り入れる事です。

自分の好きな事をよく思い出してみて決めると良いです。

 

例えば旅行が好きだと言うならば、

ブログを書いてみて穴場スポットや地元の人にしか知られていない

場所を紹介すると、そこへ行ったことのない人や興味のある人からすると

そのブログとの出会いは価値の高い情報となります。

そのブログへ関連する広告を貼り付けることでそこから広告収入が発生したり

アフィリエイトをしたり物販をして収益を得る事も可能です。

 

またコンテンツとして

YouTubeの動画配信やnoteの有料販売をしたり、

オンラインサロンやメルマガ等でユーザーから

料金を課し、あなたの得意な事やノウハウを提供するといった方法もあります。

 

副業が一定の収益を上げるまでは時間がかかると思います。

TwitterやFacebookなどのSNSも上手に活用して定期配信や

配信をするなどして継続してその価値を高めていく事が大切です。

 

 

・成果が出てもすぐに本業を辞めない

副業が本業を超え始めると勘違いしてしまい本業を辞めがちですが

副業の収益には波があり、単発的です。

税制面でも社会保障の充実した安定的な本業を切り離してしまうのは

あまり得策とは言えません。

 

もし副業が大きくなり本業に支障がでてしまう場合は

本業の時間を縮小してみてはいかがでしょうか?

年収という観点から見ても

本業と副業の合算のほうが安定性が増し、充実するはずです。