4人に1人は何らかの頭痛で悩んでいる

という統計があり、現に私も『片頭痛』に

悩まされてきた一人です。

 

「たかが頭痛くらいで何言ってんだ?」

理解のない人は風邪で経験した程度のものだと

一方的に決めつけ、そう言い放ってきます。

 

勘違いも甚だしい。

私の中では風邪の頭痛が「アリ」だとすれば

片頭痛は「ゾウ」くらいの違いがあります。

 

発作が始まると歩けないほど頭がガンガンと

こめかみの血管が脈を打ち、

あまりの痛さに神様に

「ごめんなさい・・ごめんなさい・・」と

許しを請うほどです。

 

それだけでは治まることは無く、

こんどは激しい吐き気をもって胃の中の

内容物が全て自動的にリバースされると

 

全身の力が抜け、トイレを出てすぐの廊下で

意識を失っていたこともあります。

 

あなたはこの事実を知ってもなお、

たかが頭痛だと言いきれるでしょうか。

 

今回はそんな『片頭痛』でもある程度は

コントロールできるという私の経験をもとにした

同じ悩みを抱える同士たちへのメッセージとしてと、

 

今までに言われて傷ついた事を纏めたいと思います。

 

 

 

片頭痛の原因は?

 

脳血管のなんらかの異常ということが

分かっていますが、医学的な解明はされておらず、

CT・MRI・MRAといった画像診断技術を用いても

原因不明と診断されます。

 

詳しく検査を実施するには正常時と発作時、

両方の脳波・脈拍・心電図をデータ化した上で

比べられるようにしないといけなくなるので

 

割と大きな病院で検査入院が必要になると思います。

自分から検査してほしいとなると自由診療となり

医療費は10割負担となります。

 

もし発作が出て病院へ担ぎ込まれて

「頭が痛い」とだけ言えば

原因の特定の為の検査はしてくれるでしょう。

それは3割負担となります。

 

 

 

 

 

片頭痛になって気づいた事

 

①発作が起こる数時間前に前兆がある

②臭い・光・湿度・寝過ぎ・寝不足でなり易い傾向にある

③発作が出た時の体温は35℃前後と低い

④発作が出る前に頭痛薬を飲まないと効かない

⑤頭痛薬で肝機能障害が徐々に起こる

 

 

特に頭痛薬に頼り切っている場合は

肝機能障害や生殖機能低下に注意が必要です。

私も小学校低学年の頃から酷いときは

1日4回頭痛薬を服用していたため、

「肝機能異常」

「要精密検査」

と書かれていました。

 

成人になるころには

肝臓数値は基準値の4~5倍になり

生命保険に入れなかったり、入れても

肝臓を担保しないという条件付きでしか

加入することが出来ませんでした。

 

発作でどうしても頭痛薬を服用したいときは

胃の粘膜を保護する薬「ムコスタ錠」を

一緒に服用したり、

 

または肝臓機能低下を和らげる目的で

しじみエキスのサプリメントを活用し

身体へのケアも忘れずに行うと良いでしょう。

翌朝スッキリ!【しじみエキスWのオルニチン】

 

 

 

 

医師によって見解が分かれる対処法について

 

発作時の入浴について

まず発作時の入浴は、NGとする意見が多い。

これは何らかの原因で血管が異常に拡張しているときに

入浴なんてしたらさらに血管が拡張して痛みが

増してしまうというものです。

 

個人的には発作時は体温が下がっているので

身体を温める事は理にかなっていると

思うのですが・・・

 

私の場合は発作が出たらお風呂に入る余裕なんて

ないのでやったことはありません。

 

 

患部は冷やす?温める?

片頭痛になったら冷やすか温めるかですが

・患部は冷やす

・身体は温める

が正解のような気がします。

 

ズキズキしている患部は温めた事はないのですが

冷やすと多少楽になったと感じます。

 

 

片頭痛をある程度コントロールする方法

 

 

①毎日規則正しい生活を心がける

②朝起きたらすぐカーテンをあけ、日光を浴びる

③どんな形でも良いので朝食は必ず摂る

④水分が不足しないように意識する

⑤頭が痛くなっても良い日を決めておく

⑥薬はお守りとして携帯し極力飲まないようにする

⑦同じ姿勢でいたら首肩のストレッチをする

 

 

意識的に上記7項目を実施してみると良いです。

それと絶対領域を見つける事も大事です。

あなたにもあるはずです。

これをしている時は絶対に頭が痛くならない

という絶対領域が。

 

ちなみに私の絶対領域は

・車に乗ってハンドルを握っているとき

・結婚式等の大事な用があるとき

・仕事に超忙しいとき

・高い所に登っているとき

です。

 

個人的には適度に緊張しているときが

発作が起きにくく、逆に緊張がゼロになる

仕事が無い日や疲れてたくさん寝てしまったときに

よく起るイメージがあります。

 

 

 

片頭痛で悩む人が言われて傷つく事

 

 

「怠けている」

「本人の気持ちの持ちようだ」

「生活があるのに痛いなんて言ってられない」

 

私もそう思います。

普通の頭痛なら。

 

片頭痛で悩む人も風邪でなる頭痛であれば

仕事を休む事もないし、大事な約束をキャンセルする

事も無いと思います。

 

ですが発作が出るとどうしても行けないのです。

逆の立場に立ってみて下さい。

そんな人が

「怠けている」

「本人の気持ちの持ちようだ」

「生活があるのに痛いなんて言ってられない」

 

なんてことを言われたらどう思うのかを。

 

その人が

片頭痛と向き合ってコントロールできる日が来るのを

待ってあげてもらえませんか?