2018年12月6日の正午過ぎ

ふとポケットに入れておいたiPhoneを

取り出すと

画面左上に表示されていた『3G』の文字。

 

地下鉄の改札口では続々とエラーの警告音がなり

スマートフォンを片手に公衆電話に行列をなす

スーツ姿のサラリーマン。

異様な光景を目の当たりにしました。

 

およそ4時間にわたり電話もネットもできない、

そんな状態に陥り、ホテルでWi-Fi接続して

ようやく事態の概要を知る始末。

 

その繋がらない間に仕事関係の人や

家族からの連絡が入っていたらどうしようかと

心配になったり焦ったりしてみましたが、

 

いざ復旧されると

一切連絡が入っていませんでした(笑)

ですがこれこそが通信依存というものです。

 

今回の記事では、なぜSoftbankにだけ

大規模な通信障害が起ったのか。

そして、それによって露呈した日本社会の

通信革命期における脆弱性について

纏めてみたいと思います。

 

 

 

なぜSoftbankにだけ通信障害が起ったのか

 

12月6日午後、Softbankは

東京センターと大阪センターに配置してある

エリクソン社製のパケット交換機において

異常が生じたためだと説明しました。

 

エリクソン社はスウェーデンの通信大手企業で

同じエリクソン社製の通信設備を使う海外の

11か国でも同時刻に同様の障害が発生したと

発表しました。

 

要するにSoftbankはエリクソンが原因だ。

そう言いたいのだろうが理由としては弱い。

同じエリクソン社製のパケット交換機、

docomoもauも使っているからです。

 

ではなぜdocomoとauは大丈夫だったのかと言うと

NEC等の日本メーカーの通信機器も併用し

二重の対策を講じていたから

被害を最小限に留めることができたのです。

 

利益を追求するあまり保険を掛けておくべき

設備投資を怠り、安い海外通信機器をメインで

稼働させていたという事になります。

 

 

 

露呈した通信革命期におけるその脆弱性とは

 

 

携帯電話というものは20年前は電話しか

できなかったものが

・Eメール

・デジタルカメラ

・音楽プレーヤー

・ウェブ

・PC用サイト閲覧

・懐中電灯

・目覚まし時計

・カレンダー

・計算機

・定規・水平器・方位計

・万歩計

・アプリ

・SNS

・電子マネー

・電子決済

・家の鍵

 

と様々なものを携帯電話の中に

取り込んできました。

それによって便利な世の中になった事は

この上ない事実です。

 

 

日本は現在、通信革命期の真っ只中にあり

人工知能や自動車の自動運転技術の実用的な

開発を急いでいて

 

おそらくそう遠くない未来にそれが

普及する時代が間もなくやってきます。

この大規模な通信障害がその未来で再び

起ったらどうなるでしょう。

 

人工知能を組み込んだ自動運転中の自動車は

知らない間にハンドル操作をやめ、

病院で外科手術をするロボットは突然

思考回路が停止する事でしょう。

 

人工知能がパイロットを務める

飛行機は通信障害が発生した空白の4時間で

どうなってしまうのか。

 

考えただけでもゾッとします。

 

 

電子マネーが使えない

電子決済ができない

チケットが発券できない

家の中に入れない

ならまだ良いほうです。

 

 

 

対応が遅れたSoftbank

 

 

これだけの重大な過失を事前に知りながら

責任をエリクソン社のみに転嫁する姿勢には

正直言って賛同できません。

 

テレビではソフトバンクショップ店員が

携帯電話が使えない事で罵声を浴びせられている

のを観ましたが

 

通信障害がある事をいち早く知らせなければ

いけないのは総務省ではなく

ユーザーです。

 

電話も通信も使えない状況下でも

LINEなどのSNSやショートメールでも

伝えようと思えば伝えられたはずです。

 

いま起こっている問題や原因、

復旧見込み時間を知らせて貰えれば

それによって安心する人や

その間の対策を考えることが可能となります。

 

また知らせられないまでも

ホームページ等で誰からも分かる位置に

大きく問題を表示するべきです。

 

それくらいの誠実さはあったほうが良い。

今回の通信障害によって損害を受けたと

言えるユーザーも多いのではないかと思います。

 

その方たちも含めた全ユーザーが納得する

お詫びの方法を考えてほしいと願います。