【収入保障保険】Linkx(リンククロス)じぶんと家族のお守り はどういった保険か?

 

基本:死亡保障

遺族年金や高度障害年金としてもつもの

オプションとして(選べる)

①就労不能

約款で定める所定の状態となった場合の備え

 

②生活サポート

七大疾病保障特約→2年または5年(24回  or  60回)

メンタル疾患保障特約→2年または5年

 

③保険料免除

七大疾病または就労不能状態で以後

保険料の払込が免除となる特約

 

といった基本となる『死亡保障』の部分に

上記3つの特約を選んでもしもの時に備える

タイプの保険となっていて、

 

遺された家族の生活費としての備え、または

住宅ローンの返済用(団信)としても使える

優れものです。

 

団体信用生命保険はほとんどが

亡くなった場合の残った住宅ローン返済を

免除しますよという内容で

七大疾病までカバーできる団信は今のところ

住信SBIネット銀行と楽天銀行の2行のみで

しかも変動金利を選択しないと無料で付ける

ことができず、

 

フラット35などは住宅ローン金利に

0.3パーセント上乗せで団信への加入となり、

仮に4000万円銀行から融資を受けた場合は

単純計算で1か月10000円にもなる計算です。

 

団信部分をリンククロスでカバーする場合

月々8万円保障で保険料は約6000円で

持つことができます。

 

 

 

リンククロスの最大の特徴は3つある

 

 

1つめは保険料割引率

リンククロスでは健康状態に応じて

・標準体

・喫煙者健康体

・非喫煙者標準体

・非喫煙者健康体

 

と4つのカテゴリーに分類され、割引率は

最大で33パーセントにもなります。

33パーセントは大きいですよね。

 

ちなみに健康体の基準として

定められている定義は

1、18.0<BMI<27.0 (男女年齢問わず)

2、最高血圧値 140㎜Hg未満かつ

最低血圧値 90㎜Hg未満であること

 

とホームページでは謳われていますが、

その他にも

・尿潜血は+1以下

・ALT(肝臓値)は59以下

など細かい基準があるようです。

 

 

 

つめは『逓減払い』という支払い方法

 

リンククロスでは5年ごとに加入時の保険料の

5パーセント相当ずつ安くなっていく「てい減払い」

(だんだん減り)という支払い方式があります。

 

この方式にすると加入時の保険料は

加入期間同じ保険料を支払う「平準払い」より

若干高めでスタートしますが、累計払込額は

『逓減払い』のほうが安くなります。

 

例:35歳男性、基準年金月額20万円、保険期間は

60歳までの25年間、最低保証期間は2年、

保険料は標準体保険料の場合

 

平準払いの加入時保険料は5,440円で

累計払込保険料は1,632,000円となります。

 

いっぽう、逓減払いの加入時保険料は6,080円で

5年後は5,780円(-4.9%)

10年後は5,480円(-9.8%)

15年後は5,160円(-15.1%)

20年後は3,040円(50%)

と加入時の保険料の半分!

累計払込保険料は1,532,400円となり、

 

逓減払いのほうが25年間で

99,600円安くなります。つまり

1年あたり-3,984円、1か月あたり-332円

という事になります。

 

明らかに『逓減払い』がお得ですが

デメリットがあります。それは

ネット申込で逓減払いは選択できず、

対面販売のみでの案内となることです。

 

 

そして3つめは『チャレンジ制度』

 

これはどういう事かと申しますと

仮に健康状態が悪く、標準体での保険加入と

なってしまった場合でも、

 

非喫煙健康体へのチャレンジができるという事です。

 

しかも、驚くべきはチャレンジに成功し、

非喫煙健康体へと昇格した場合、

標準体として加入した保険料まで遡って

非喫煙健康体として扱われ、

 

なんと払い過ぎた分の差額が返還されるとう

超画期的なシステムである事です。

 

これなら健康への意識も高まる事

間違いなしです。

 

 

 

申込みの際便利だと思う点

 

支払いの方法は

・銀行引落し

・クレジットカード払い

が選択できますが、まず銀行印は必要ないです。

スマホでQRコードを読み取り、

ネット上で登録できます。

 

過去に引落し口座の銀行印が

不鮮明または照合されずに郵送で

戻ってきた事はありませんか?

 

あれには正直イラっとしますよね。

それがない訳ですからストレスフリーです。

 

クレジットカードの場合は1ヵ月支払いが

遅れますが、ポイントを貯めている場合は

ポイント分お得になります。

 

 

あとは、対面販売のみ可能な事になりますが

保障額や保証期間を細かく設定できるのがGOOD。

自分に合ったものへカスタムできる感じは

非常にありがたく感じます。

 

 

 

注意しておきたい点

 

・健康基準がやや厳しい

・提出する健康診断は過去13ヵ月以内のもの

・七大疾病保障特約の基準は厳しめ

・メンタル疾患特約の基準も厳しい

・ガン保障には90日間の待機期間あり

 

七大疾病では

がんに対しては上皮内のものは対象外で

急性心筋梗塞は狭心症は対象外、

脳卒中は60日以上の言語障害か神経学的後遺症、

慢性腎不全は透析か移植手術で急性は対象外

肝硬変は胃・食道静脈瘤破裂か手術、移植手術

糖尿病も網膜症手術や細胞壊死による切断術

高血圧性疾患は大動脈瘤破裂または手術

 

など、保障対象となる所定の事由について

他社さんより基準が厳しい印象です。

 

そのような観点からみても

この保険は健康志向の高い人向け

という事が分かります。

 

ですが死亡保障という面では

かなり安心できる内容です。

若いうちに逓減払いでの加入しておけば

家計の面でもかなりお得になるのではないかと

思います。