年齢のせいだと半分諦めていた

ぽっこりお腹。テレビ番組で

椿鬼奴さんが実践してほんの数分後

 

マイナス2センチを達成させた

ウエストをスッキリさせる方法や

歪みのチェック方法などを

自分の為にとメモしていましたので

 

それを忘れないうちに纏めておきたいと

思います。

 

 

 

①姿勢で体のゆがみをチェックする

 

簡易的なチェック方法として

立ったまま壁に背中をくっつけるように

ゆっくり下がってみて

 

肩が先についた方は「反り腰」

腰が先についた方は「猫背」

の可能性が高いというものです。

 

 

ちゃんとしたゆがみを確認するには

耳たぶと足くるぶしを線で結んだときに

そのラインが前に出ているか後ろに出ているかで

 

確認しなければならないため

1人では難しいと思います。

 

 

②太もも付け根のストレッチをする

 

 

右と左を交互に片方ずつ

椅子の上に敷いたタオルの上へ

膝が当たるように足を乗せ

 

さらにもう片方の足を

前方に出したらそのまま前足を

曲げて膝上から太ももの付け根までを

 

ゆっくり伸びているのを確認しながら

約10秒間キープします。

このとき息は止めないように注意します。

 

最初にこれをやっておくことで

筋肉の緊張が緩和し、歪みが元の位置に

戻りやすくなるんだそうです。

 

 

 

 

③体の歪みを治すストレッチ(基礎編)

 

 

椅子に腰かけた状態で

丸めたバスタオルを足の間に挟みます。

 

両手をお腹の上に置き、鼻から大きく

息を吸い込んみお腹を膨らませてから

ゆっくりと口から息を吐き出します。

 

このとき天井から頭を引っ張られている

イメージを持って、息を全て吐き出したら

お腹に力を入れます。

 

 

 

 

④体の歪みを治すストレッチ(応用編)

 

 

手を椅子の後ろへ置き

お腹に力を入れたまま腰を浮かせて

5秒間キープします。

 

さらに片足ずつ足を上げて

5秒間キープします。

 

 

 

 

 

さいごに

 

 

椿鬼奴さんは①~④を1セットやっただけで

ウエストがマイナス2センチになりました。

 

1週間に1回でも良いのでこのストレッチを

3セット継続することで次第に歪みも解消され

ウエストも細くなるそうです。

 

体が知らず知らずのうちに

歪んでしまい

肩こりや腰痛に悩まされるばかりか

 

体形までもが崩れていくなんて

恐ろしいですね。

 

まずは歪みをチェックしてみる事を

おすすめします。