最近、あの手この手で

Apple IDがロックされているとか

誰かがあなたのアカウントに

 

ログインしました等と言い方をかえて

不正にアカウントパスワードやクレジット

カード情報を聞き出す詐欺メールが

 

横行しているように思います。

私の母のようなシニア世代が慌ててタップ

しないように

 

詐欺メールの確認方法とその対策を

まとめておきたいと思います。

 

詐欺メールかどうかの確認方法

 

1,宛先のアドレスに『apple.com』が入っているかどうか

送られてくるメールが本物のアップル社からで

あるならばアドレスには『apple.com』が

入っているはずです。

 

変に長いアドレスやおかしな文字が

羅列されている場合、アップル社からで

ある可能性は限りなくゼロに近いです。

 

 

 

2,本文の日本語が正しいかどうか

 

メール本文の日本語が不自然なら

まず詐欺メールです。

 

ちゃんとよく読んでみると

笑えるほどおかしな内容です。

 

ちなみに私に送られてきた詐欺メールの

冒頭が

「親愛なるクス」でした(笑)

 

その後も

「今日の身分証明書」

「セキュリティと完全性の懸念」

と続いています。

 

サンドウィッチマンが見たら

≪ちょっと何言ってるかわかんないっす≫

て言うと思います。

 

 

 

フィッシングメールに騙されないようにするには?

 

 

1,AppleやiTunesログインは公式HPから入る

 

まずはAppleやiTunes公式サイトを

PCや携帯のお気に入りに保存して

常にお気に入りからログインする事を徹底しましょう。

 

 

 

2,メールに添付されたURLやPDFファイルは開かない

 

アカウントがロックされているため添付PDFより

確認してくださいと書かれていても

決して開かないようにしましょう。

 

開いてしまうとクレジットカード情報や

アカウントパスワードを盗むための精巧な

仕掛けが施されています。

 

最悪の場合は添付ファイルへウィルスが

仕込んであるかもしれません。

 

 

3,登録しているメールアドレスを変更する

 

例えばフリーメールなどで登録しているならば

携帯のアドレスへ変更してみるだけでも

フィッシングメールは激減します。

 

 

4,届いたメールをフィッシングメール報告をする

 

例えばフリーメールであるHotmailでは

受信したメールをフィッシングメールとして

報告することで同じアドレスからの受信を

 

ブロックしてもらえる機能があります。

 

 

 

5,届いたメールを迷惑メールに入れ無視する

 

届いたメールは迷惑メールに入れて

徹底的に無視するのが一番簡単です。

 

ですが、うっかりクリックしてしまう

リスクもあるのでフィッシング報告をして

ブロックすれば安心です。