2018年7月2日

日本時間27:00~

決勝トーナメント第1戦

 

日本×ベルギーの試合が

行われる予定です。

 

一部のメディアでは決勝トーナメントへ

進出した16チームのうち日本代表が最弱だと

評価を受けていますが

 

1発勝負であることや

戦い方やボールの回し方、そして

体力のピークをどこに持ってくるかで

 

日本代表にもチャンスがあると見ています。

楽しく観戦するために見どころを探って

みましょう。

 

 

 

 

1発勝負であること

 

 

勝ち点や得失点差で順位を争う

グループステージとは大きく異なります。

 

グループステージではできるだけ点を取って

勝ちに行く必要がありましたが

決勝トーナメントでは勝ちに行かずとも

 

守りを固めてPK勝負という戦い方も

できるようになります。

PKは運にも左右されるため十分期待が持てます。

 

 

 

戦い方

 

 

チームとしての戦い方も

攻めるのか守るのか、攻める時間と守る時間など

予め決めておき

 

・相手の出方

・ケガなどのアクシデント

・イエローカードやレッドカード等

 

に応じて戦い方をどう変えていくのかによっても

試合の流れは大きく変わるはずです。

 

 

 

ボールの回し方

 

 

ベルギー代表ははぼ攻撃的布陣で

速いボール回しに出てきます。

このペースに日本が合わせてしまうと

 

ベルギーの思うつぼです。

日本は柴﨑を起点としたワンタッチパスでの

「チェンジオブペース」つまり

 

緩急をつけたボール運びでベルギーを

翻弄する事ができれば大チャンスです。

なのでボールを持ったら無駄に勝負に

出てしまう選手がいると機能しません。

 

 

 

 

体力のピークの持って行き方

 

 

超格上のベルギー相手に90分間

やみくもに動いてしまうと最後まで

体力が持たないばかりか、先に力尽きてしまいます。

 

ベルギーはたぶん前半の早い段階で

点を取りに来るはずなので日本代表は

後半に全てをかける戦い方もアリです。

 

前半は守備的布陣で守りを固めつつ

カウンター狙いで1点を狙いながら

失点をゼロで抑えられたならば

 

後半一気に3人入れ替えて攻撃的布陣で

試合を有利に進めることが可能となります。

 

 

 

セットプレーが勝負のカギ

 

 

個人プレーである程度打開できてしまう

クリスティアーノ・ロナウドやネイマール

のような選手が日本にはいないので

 

 

ベルギー戦で得点が期待できるのは

コーナーキックやフリーキックなどの

セットプレーだと思います。

 

 

 

さいごに

 

 

グループステージ最終戦では

警告蓄積のある6選手を温存し

結果的に決勝トーナメントへ進出が決まった

 

西野JAPAN。

彼の奇抜な采配は功を奏したと言ってよい

と思います。

 

トルシエJAPANの時は選手が

チームオーダーを無視し無残に散りました。

今回は戦術の中で個を活かせるチャンスです。

 

日本代表の歴史的な勝利を期待します。