2018年も7月を迎え

汗ばむ季節となりました。

 

ふと気づくとポケットに入れていたiPhoneから

「もしもし? もしもし?・・・」

と声が。

 

慌ててポケットから取り出して画面を確認すると

まさかの通話中!!

間違い電話であることを相手に告げ謝りました。

 

2歳の子ども以外にも勝手に電話をかけるヤツが

いるとは。。

もうこんな恐ろしい事にならないように

原因と防止方法をまとめてみました。

 

 

 

iPhone誤発信の主な2つの原因

 

 

1,誤タップによるもの

画面を閉じないままポケットにしまうと

衣服の擦れ等でタップしたことになって

しまうようです。

 

ポケット内の温度や湿度によっても

画面が過敏に反応してしまい、誤タップ

されやすいと感じています。

 

 

 

2,音声認識機能「siri」の誤作動によるもの

 

ポケット内でもsiriが音声に反応して

誤作動してしまうというものです。

 

 

 

iPhone誤発信の4つの防止方法

 

 

①画面の自動ロック時間を短くする

 

設定→画面表示の明るさ→自動ロック

ここの時間を30秒に設定する事で

誤発信をある程度抑制できます。

 

 

 

②手帳式のカバーを使用する

 

カバーの厚み分、かさばるというデメリットが

ありますが、この手帳式カバーは効果的です。

 

 

 

③ホーム画面の電話のアイコンを隠す

 

だいたいの方はホーム画面の1ページ目に

電話のアイコンが存在していると思いますが

これをフォルダ内へ隠したり、2ページ目以降に

 

アイコンを隠す方法です。

隠すことで必要なときにすぐにアイコンをタップ

出来なくなると言ったデメリットもあります。

 

 

 

 

➃siriの機能を停止する

 

設定→Touch IDとパスコード→

ロック中にアクセスを許可→siriをオフにします。

 

そうする事でロック中にsiriが動き出す事は

なくなります。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

iPhoneの誤発信の主な原因は

・誤タップ

・siriの誤作動

 

 

iPhone誤発信の防止方法は

・画面ロック時間を短く設定する

・手帳式のカバーを使用する

・電話のアイコンを隠す

・siriの機能を停止する