今や駅を利用する方なら

ほとんどの人が知っている

電子マネーのSuicaやPASMO

 

久しぶりに東京へ行き

予め駅の改札でチャージする素振りで

SuicaとPASMOの残高を確認すると

 

意外にも

数千円の残高があることが分かり

嬉しさが込みあげてきました。

 

次に東京に来るのもいつになるか分からないし

コンビニで使ってあげようと買い物かごに

商品を詰め込みいざ出陣!

 

 

 

 

無情にもSuica・PASMO共に決済エラー

 

 

今回持って行ったSuica・PASMOは

しばらく使っていないカードでした。

 

最初にPASMOを出してエラー

次にSuicaを出してエラー

 

後で並ぶサラリーマンらしき人の

冷たい視線をふんだんに浴びてしまいました。

 

ここまでくるともう意地です。

カード入れから500円のクオカードを

何枚か出し、なんとか現金を使わずに切り抜けました。

 

 

 

 

なぜ残高があるのに使えないのか

 

 

みどりの窓口で聞いてみました。

 

どうやら長期間(3か月間)使用しないと

カードへロックがかかるようです。

3か月って結構短い・・・・・

 

 

しかしそのカードですが

改札の駅員さんへ渡すと一瞬で

ロックを解除してまた使用できるようになります。

 

 

 

 

ロックがかかったままさらに長期間放置すると

 

 

 

残高が入った状態でも

最後に電子マネーを使用した日から

10年間放置すると

 

カード自体が失効するようです。

 

なんと中身の現金まで

もう二度と使用できなくなるとの事で

タンスや物入れなど探してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

まとめ

 

 

Suica・PASMOは長期間使用しないと

 ロックがかかる

 

・コンビニで決済エラーが表示された場合は

 ロックがかかっている可能性がある

 

・改札の駅員さんへ申し出ればロックを

 解除してもらえる

 

・10年使用しなければカード失効となる