2018年6月24日

日本時間24:00~行われた

グループステージ第2戦セネガルとの

大事な一戦。

 

セネガルに先制を許す苦しい展開ながら

離されては追いつきまた離されては追いつき

2-2のドローとなった。

 

格上セネガル相手に良くやったという声もあるが

私は勝ち点3を勝ち点1に落としてしまったと思う。

 

ミスさえしなければ勝てた試合だったと見ている。

GK川島の痛すぎるあのパンチングクリアミスに

驚きを隠すことができない。

 

とはいえ、ミスは誰にでも起こり得るもの。

次に切替えミスは取り返すしかないと思う。

 

 

 

残り一戦を残した日本代表の順位は?

 

 

日本代表は第2戦セネガルと2-2

ドローとなったため

勝ち点4 得点4 失点3で現在1位

 

セネガルと勝ち点も得失点も

並んでしまっているのが

 

6月29日の第3戦ポーランドと

引分け以上で決勝トーナメントへ

進むことができる。

 

 

 

第3戦はポーランドが相手

 

 

日本代表は残りの1試合は

グループリーグ敗退が決まっている

ポーランドと6月28日に戦う。

 

ポーランドは決勝Tには行けないが

せめて1勝はしておきたいところだろう。

 

FIFAランキングでは8位と今回のH組の中では

一番良いので決して油断はできない。

 

 

 

 

 

 

決勝Tに進んだ場合の対戦相手はG組

 

 

G組はイングランドとベルギーが既に2勝し

決勝T進出が決まっている。

しかも第3戦はイングランド×ベルギーの試合。

 

お互い怪我をしないようにパスを回して

一緒に決勝へ行きましょうね!という

暗黙の了解のもと試合に臨むはず。

 

であれば引き分けの可能性が高い。

 

どちらにせよ

日本代表はイングランドかベルギーの

どちらかと戦う事になる。

 

[日程・組み合わせ]決勝トーナメント

 

 

 

 

さいごに

 

 

日本代表はポーランド戦の結果次第で

白にも黒にもなる。

 

同時刻には同組

コロンビア×セネガルの試合が行われる。

 

万が一、

日本が負けた場合は

セネガルとコロンビアの結果に

全てがゆだねられる。

 

今大会では

勝ち点・得失点差で並んだ場合は

イエローカード・レッドカードの累積で

決まるようなので

 

ポーランド戦では不用意なファウルを

しない事もかなり重要になってくるのでは

ないだろうか。

 

日本代表の歴史的な勝利に期待したい。