グループステージ第1戦

 

2018年6月19日

21:00~(日本時間)コロンビア戦

 

おそらく試合前、

日本が勝つとは誰も思わなかったと

思います。

 

でも結果的には2-1で勝利を

収め、値千金の勝ち点3を手にしました。

 

前大会で1-4でボロ負けしている

強豪コロンビアが相手とあって

 

当初は誰もが

最悪でも引き分け(勝ち点1)で終わってくれればと

考えていたはずです。

 

一体何が起こったのか。

勝因を分析してみたいと思います。

 

 

 

 

 

前半3分に起こったPK獲得と退場劇

 

 

大迫が相手DFともたつきながら

運よく前へボールが転がり込んで

GKと1対1の場面へ。

 

大迫が左足でシュートを放ちGKが

弾いたこぼれ球を前に詰めていた香川が

ダイレクトでシュートを放つと

 

守備に回っていた相手MF6番の

カルロス・サンチェスが手で止めた。

これを主審は「決定機阻止」として

 

一発退場のジャッジを下す。

 

ジャッジがやや日本寄りであったように

感じました。ラッキーでした。

香川は冷静にPKを決め1-0の展開。

 

 

 

 

1-0とリードした中での失点

 

 

日本の不用意なパスミスから

前半36分と37分

立て続けにファルカオへのファウルを

取られてFKを簡単に献上してしまう。

 

37分にFKをキンテーロに巧くゴール

に流され、逆を突かれた川島が

慌てて誤魔化しにかかるも

 

誰が見てもゴールラインを割っていた為

同点に追いつかれる事に。

偶然にも4年前と同じ1-1で前半を終えたのです。

 

 

 

 

後半14分ハメス・ロドリゲスの投入

 

 

コロンビアは

大事を取ってベンチスタートの

全大会得点王ハメス・ロドリゲスを投入して

試合の流れを変えにかかる。

 

しかし10人での戦いを強いられ

体力を消耗してしまっている仲間と

この危機的状況に苛立ちを隠せない。

 

 

 

 

 

 

後半28分大迫の逆転ヘッド

 

 

コーナーキックを獲得すると

後半25分に香川と交替していた本田が

ボールをセット。

 

そのボールを大迫が競り勝ち

待望の逆転ゴールを演出し、

 

その後のコロンビアの猛攻を凌ぎ

日本は勝ち点3を手にする歴史的勝利

となりました。

 

 

 

この試合のMVPは?香川?大迫?

 

 

先制点を挙げた香川や

勝ち越し弾を決めた大迫も

素晴らしかったのですが

 

この試合での影の立役者は

間違いなく

MF7番の柴﨑岳です。

 

彼は試合に出ている間、

常にコロンビアの一番嫌がる位置で

ボールを受け、そして前線が欲しい位置に

ボールを供給し続けていました。

 

あの献身的なプレーは本田や香川は

見習わなければなりません。

柴﨑は今大会のキーパーソンかも

しれませんね。

 

サッカーのシステム的に考えると

柴﨑は『潤滑油』

コロンビアは10人になり柴﨑を自由に

させすぎたのです。

 

 

 

 

コロンビア戦の勝因まとめ

 

 

①大事を取ってハメスのベンチスタート

②審判のジャッジがやや日本寄りだった

③前半3分の相手DF退場とPK獲得

④日本の柴﨑岳を軽視しすぎた

 

 

次戦のセネガル戦は

24日深夜ですがみんなで応援しましょう!

 

 

サッカーW杯ロシア2018の日程と過去の成績、日本代表のGL突破は?