本日筆者宛に

 

『コンテンツ利用料金の確認が取れない

本日ご連絡なき場合は法的手続きに移行する』

 

旨のSMSメッセージが携帯にありました。

 

 

 

 

 

 

しかも相手がアマゾンジャパン㈱

とあります。

 

これはたぶん架空請求詐欺メールという

代物だと思い、調べてみました。

 

最初に言っておきますが

記載の電話番号へは絶対に折り返さない

ほうが良いです!!

 

 

 

 

Amazon.co.jpの電話番号は03‐ではない

 

 

まずAmazonの連絡先ですが

 

Amazon.co.jp カスタマーサービス

フリーダイヤル0120‐999‐373

携帯電話から011‐333‐3000

 

です。

 

Amazonを利用している方なら

ご存知だと思いますが、サイトを

利用するにあたり、クレジット払い

以外の支払い方法が選択できないはずです。

 

したがって

Amazonが未払い請求をしてくることは

通常はあり得ないという事になります。

 

 

 

 

向こうはどこまで個人情報を得ているか?

 

 

これは憶測に過ぎないのですが

SMSメールでは

「本日連絡が無い場合~」と

 

連絡を促しています。

ということは不安を煽り、連絡させて

個人情報を聞き出す作戦なのかなと思います。

 

したがって

こちらの連絡先はコンピュータ上

無作為に選んでいるか、どこかの

名簿を入手したものである可能性が高いです。

 

電話番号と個人名を紐づけるまでには

至っていないと思います。

 

 

 

 

SMSメールで不安を煽って折り返させるのが本当の狙い

 

 

アリ地獄のようなものです。

無作為にメールを送った中から

 

・アマゾンを利用した覚えがない

・コンテンツ利用とは何か

・未払いは無いはずだ

 

等で抗議や確認の電話で

反応があった「脈あり」の顧客から

 

・電話番号

・名前

・住所

・クレジットカード番号

・キャッシュカードの番号

 

などの個人情報を巧みに聞き出して

お金を奪おうとするでしょう。

そうやって紐づけられた個人情報は

次の業者へ闇ルートで情報が売買されます。

 

なので絶対に電話してはいけません

 

 

 

まとめ

 

 

①SMSinfoからのメールは無視する

②カタカナのアマゾンはAmazonとは別物

③SMS記載の連絡先へは折り返さない

 

 

どうしても不安な場合は

消費者相談センターに相談してみたり

インターネットで電話番号を検索してみて下さい。

 

一歩立ち止まって

冷静になって考えて行動できれば

こういったものには引っかからずに

済むのかなと思います。

 

 

 

おまけ(iPhoneでの着信拒否設定方法)

 

 

左から順番に行って下さい。

 

 

 

 

6月30日Yahoo!ニュースになりました。

ご注意下さい。

 

「アマゾン」かたる架空請求詐欺、消費者庁が注意呼びかけ