1998年5月2日

人気絶頂のまま最期を迎えた

X Japanギタリストのhide

 

没後20周年を迎える今年の5月26日(土)に

ドキュメンタリー映画「HURRY  GO  ROUND」

の全国公開が決まりました。

 

hide映画「HURRY GO ROUND」にYOSHIKI出演決定、真実 …

 

本編ではhideが亡くなる前日の映像が初公開される

事やYOSHIKIの出演が発表されたことで

ファンとっては貴重な映画となる事は

間違いありません。

 

今の時代はライブでも映像としてhideを

感じることができるため、風化されることはなく

全てがあの時のままです。

 

もしかしたら何かのドッキリで

20年経った今本人が出てくるのではないか

そんな期待感さえあります。

 

それほどまでに時代の先をゆく

偉大なエンターテイナーでした。

 

 

 

プロフィール

 

 

本名: 松本 秀人  (まつもと ひでと)

出身: 神奈川県横須賀市

身長: 170cm

年齢: 1964年12月13日生まれ(53歳) 〔享年33歳〕

 

 

 

 

hideの功績

 

 

X japanのカリスマギタリストとしてのみならず

エクスタシーレコードではバンドリサーチ担当として

LUNA SEA

GLAY

などを実際にライブハウスまで足を運び

YOSHIKIに凄い奴らがいるといっては

紹介し、当時インターネットの普及や

テレビ等で知名度を広げる術もなく

地元の狭い世界で燻っていた彼らを

モンスターバンドとして世に輩出させる

手助けをしたのがhideであり、

彼らからして見れば頼もしい先輩でもあり

かけがえのない”恩人”でもある。

 

1993年にはhide名義でソロ活動を開始し

1996年には「LEMONed」(レモネード)を

設立するなど精力的に活動していた。

 

X時代に

「PSYCHEDELIC  VIOLENCE  CRIME  OF  VISUAL  SHOCK」

というフレーズを考案したのもhideだとされる。

 

またお笑いが好きで

特にダウンタウンの松本人志のファンでもあった。

 

 

 

 

未来予知

 

 

かねてよりゲームやパソコンに高い関心を持っていた

hideであるが、インターネット普及前にも関わらず

これからはインターネットの時代がきて、俺たちの

音楽もインターネットを通じて世界へ広がるようになる

と予言。

彼の亡きあと本当にその時代が到来している。

 

 

 

 

あの日の真相は

 

 

1998年5月2日の真相はというと

恐らく誰も知り得ない事で

公開される映画の中でもはっきりとした

結論が出る可能性は低いと思います。

 

hide本人が自身のコンプレックスから

太る事への恐怖心を抱いていた事や

ビジュアル系としての境界線というか

年を重ねる毎に変わってゆく自分の姿に

耐えきれなくなってしまったのではないか等の

憶測が飛び交っていたことは事実です。

 

しかし、前日まで知人には秋の全国ツアーを

予定していて楽しみだと話していたり

地元神奈川で両親と住む為に土地の購入を決め

購入申し込み金を支払っていた事を踏まえると、

事故である可能性の方が断然高いと言えます。

 

 

 

「hide Memorial Day 2018 ~献花式~」のお知らせ

 

 

命日である5月2日(水)に川崎CLUB CITTA’で

20周忌の献花式が行われる予定です。

 

〔献花受付開始〕13:00~

〔献花受付終了〕20:00~

※当日の混雑状況によっては時間の前後あり

 

献花引換券(お花1本+Memorialフォトカード付)で800円

※当日入場時引換え

 

 

川崎CLUB CITTA’はJR川崎駅東口を出て徒歩5分の

場所にありますが、収容人数が1300人と中規模ホールです。

当日はGWという事もあり、かなりの混雑が予想されますので

献花式に参列される方はお気を付けください。