相続放棄とは

 

文字通り相続を放棄する事です。

 

亡くなった方に生前、

自分が知らない負債があったとしても

相続人であれば問答無用でその支払い義務を

負う事になります。

 

相続放棄をすると、相続に一切関わる必要がなくなり

その結果としてマイナスの財産についても

引き継がずに済むようになります。

 

相続放棄をしようとする者は

亡くなってから、または亡くなった事実を知ってから

3か月以内に家庭裁判所へ申請し受理されなければ

相続放棄はできなくなるので注意が必要です。

 

また生前に相続放棄をすることもできません。

 

 

 

相続放棄のメリット

 

・相続に一切関わらずに済む

・負債を引き継がなくて済む

・万が一取立て業者が来ても追い返せる

 

 

 

 

相続放棄のデメリット

 

・プラスの財産が引き継げない

・他の相続人に相続がまわっていく

・一度相続を放棄したら取り消せない

 

 

 

相続の順位

 

1,配偶者・子

2,直系尊属(父母または祖父母)

3,兄弟姉妹

 

となります。

また子や兄弟姉妹が既に亡くなられている場合は

その子(孫・姪甥)に相続権がまわります。

 

 

 

相続代行サービス

 

相続放棄の申請は

・自分でやる

・弁護士に依頼する

・司法書士に依頼する

 

等の方法が考えられますが

自分でやるとなると戸籍謄本や除籍謄本

住民票の除票・原戸籍謄本を集める所から

スタートし、申請は亡くなられた方の住所管轄の

家庭裁判所へ行わなければなりません。

 

自分でやれれば、申請費自体は安く済むかも

しれませんが、遠方の場合だと交通費がかかる他

書類に不備があれば再び出向く羽目になります。

 

相続問題がトラブル化している場合は

弁護士に頼む場合もありますが、

おそらく報酬を含めて20万円以上取られます。

 

なので相続が専門分野の司法書士へ

相続代行を依頼するのがおススメです。

費用も3万円程度で済みます。

 

 

相続代行サービスの流れ

1,事務所より書類が郵送されてくる。

2,必要事項を記入し返送する

3,事務所が必要書類を揃えて相続放棄申請をする

4,2~3週間後、家庭裁判所から「照会書」が届く

5,司法書士に書き方を聞いて裁判所へ返送する

6,相続放棄申述受理通知書が届いたら手続き完了

 

 

本人がする事は「事務所から届く書類」と

「家庭裁判所から届く照会書」の2点を記入するのみです。

上記1~6が完了するまで要する期間は

大型連休を挟まなければ1カ月間です。

 

 

また「相続放棄申述受理通知書」が発行される前に

司法書士へ相続放棄申述受理証明書』

も一緒に発行してもらうと良いです。

 

というのは

裁判所は債権者に対してこの人は

相続放棄しましたよと情報を公開しないので

 

事実を知らない債権者はどうにかして

相続人の住所を特定し取立てにくる可能性が

あります。

 

その時に『相続放棄申述受理証明書』を見せるか

コピーを渡す事で怖い思いをせずに済みます。

 

 

 

行っても相続とは関係のない事

 

 

・葬儀費用の負担

・お骨の引取り・処分

・生命保険金等の受け取り

※ただし保険金の受取人が本人の場合はNG!

 

 

 

 

さいごに

 

 

私自身、

相続放棄することは無いと思っていましたが

プラスの財産を相続しようか悩んでいた矢先

隠し玉でマイナスの遺産が出てきたことで

 

相続人同士で争いが起き、相続放棄に

踏み切りました。

 

期限もあり、すべてが手探り状態で

焦っていた事を振り返って、書いたつもりです。

この先、相続放棄に悩んだらこの記事を

参考にしていただけると思います。