厚生年金へ加入する事は

・将来もらえるお金が上乗せされる

・企業が掛け金を折半してくれる

・遺族厚生年金や障害厚生年金がある

・加入者1人分の掛け金で扶養家族分まかなえる

 

などの国民年金には無いメリットがあり、

将来へ備えると言う意味では強みがあります。

 

育児や介護に合わせた柔軟な働き方を提案

してくれる企業も昔よりは増えていて、

2016年10月1日より法改正で厚生年金の加入条件が

緩和されているのをご存知でしょうか?

 

 

 

厚生年金ってなに?

 

 

一定の要件を満たす条件で働く方に

加入が義務付けられている公的年金の一種です。

国民年金・厚生年金・共済年金と3種類ありましたが

 

共済年金は2015年10月に厚生年金に統合され

国民年金と厚生年金の2種類となっています。

 

 

 

 

加入条件は?

 

 

①1週間あたり決まった労働時間が20時間以上あること

②1か月あたりの決まった賃金が88000円以上あること

③雇用期間の見込みが1年以上であること

④学生ではないこと

ただし夜間・定時・通信制の学生は対象となる

⑤従業員数が501人以上

または500人以下で労使での合意がなされている

 

 

①から⑤まで全てに該当するか

1週間あたり決まった労働時間が30時間以上あれば

厚生年金に加入することができます。

 

また上記条件を満たせば

アルバイトやパートでも加入を申し出ることが

できるので、事業主へ申し込みをお願いしましょう。

 

 

 

 

掛け金ともらえるお金(現状試算)

 

 

加入期間(40年間)仮に報酬が88000円の場合

国民年金の掛け金は16000円×12か月

もらえるお金(基礎年金)は65000円

 

厚生年金の掛け金は

・加入者8000円×12か月

・事業主8000円×12か月

 

もらえるお金(基礎年金+厚生年金)は

65000円+19000円=84000円

 

 

つまり厚生年金に加入していれば

国民年金分に毎月19000円分の上乗せが

期待できます。

 

19000円×12か月で228000円ですから

この差は大きいですね。

 

 

今後の年金制度がどうなるのかは

分かりませんが、

受給額の減額や受給資格年齢の引延しになれば

また条件も変わってくると思います。

 

 

こちらも関連記事としてよく読まれています。

老後にかかる費用やもらえるお金を知って漠然とした不安を払拭しよう!