老後にかかる費用

 

 

世帯調査などでも全体の8割以上が

老後に不安を持っているとされています。

 

年金制度もいつまで存在するかも不透明な

時代に突入しました。

やはり一番不安なのが老後資金をどうやって

確保するかだと思います。

 

不安になるのは老後にかかってくる費用が

漠然として掴めていない事もあるかと思います。

では、老後にかかる生活費や年金はどうなって

いるのでしょうか。

 

 

 

 

老後にかかる生活費はどのくらい?

 

H28年の総務省家計調査によると

世帯主60歳以上、無職世帯の平均支出額

は次のようになっています。

 

食費        68,193円
住居費        14,346円
水道光熱費        20,427円
家具・家事用品          9,290円
被服等                                 6,737円
保健医療費                              14,646円
交通・通信費                              26,505円
教育・教養娯楽費         25,712円
こづかい          6,225円
交際費                              25,243円
その他支出                              22,280円
合計                            239,604円

 

 

あくまでも平均値ですが

老後は月に最低24万円は欲しいところです。

 

仮に60歳が定年で85歳まで生きる場合

必要額は

25(年間)×24(万円)×12(ヵ月)で

 

7200万円です。

 

 

 

意外と忘れがちな費用

 

持ち家の場合、住宅ローンが落ち着いても

住宅のリフォーム費用や、壁の補修等の

維持費がかかってきます。

 

バリアフリーのリフォーム工事や

太陽光設置工事などは自治体などから

補助が出る場合がありますので調べてみると

良いと思います。

 

ちなみにリフォームついでに太陽光パネル設置で

売電収入を得る方法もあります。

 

こちらの記事も参考にしてください。

「太陽光発電」導入レポート(メリット・デメリット・売電価格・実績・費用・今後)

 

 

 

マンションの場合も予期せぬ大規模改修が

あったりしますので注意が必要です。

 

 

 

もらえるお金はどのくらい?

 

 

リタイヤ後の主な収入源は公的年金です。

公的年金の平均受給額は以下の通りです。

 

厚生年金・・・月額 約14.8万円 (平成28年厚生労働局年金局調べ)

国民年金・・・月額 約 5.5万円 (平成28年厚生労働局年金局調べ)

 

上記金額は65歳から受給する場合です。

60歳から65歳までは無支給となる為、

・再雇用で65歳まで働く

・60歳から受け取れる定期保険に加入しておく

・60歳までに自動的にお金を生み出すシステムを構築する

 

等の対策が必要になってきます。

再雇用の場合は現役の頃の5割から6割の給料と

なることが殆どなので注意が必要です。

 

自動的にお金を生み出すシステムとは

・株式の配当や貸し株

・不動産経営で得る家賃収入

・国債や債券の利息

・投資信託の報酬

・著作権や特許で得る報酬

 

などの事を差します。

 

 

 

退職金

 

 

会社勤めの方限定になってしまいますが

退職金制度がある企業の場合、退職金を

受け取る事ができます。

 

社員数 1,000人以上 999~300人 299~100人 99~30人
大学卒
(管理・事務・技術職)
 2,525万円  2,074万円  1,635万円  2,343万円
高校卒
(管理・事務・技術職)
 2,286万円  1,978万円  1,447万円  1,713万円

※厚生労働省 「就労条件総合調査結果の概要」 平成25より抜粋

 

 

 

さいごに

 

 

老後にかかるであろう費用と

もらえるであろうお金を平均値として

まとめてみましたが、

 

あくまで現状から見た未来予想

でしかありません。

 

年金制度が破綻するかもしれないし

破綻までいかないまでも

時給額を減らされてしまったり

受給年齢が上がる可能性だって十分にあります。

 

会社が倒産して退職金が貰えないなんて

こともあるかもしれません。

 

企業や国は老後を保証してくれる時代は

ここ20~30年の間に終焉を迎えようと

していることを鑑みると

 

やはり老後を楽しく安心して

過ごすためには

若いうちから戦略を立てて自分に合った

 

「自動的にお金を生み出すシステム」

を作り上げていく事が重要になってくるのかなと

思います。