だんだんとトイレにも興味を持ってきたので

そろそろトイレトレーニングかな?

と思い始めていた矢先、便秘になりました。

 

2日目3日目と出ない日々が続き、

5日目の日曜日を迎えました。

 

子どもも機嫌が悪く、ごはんも拒否し

泣くばかり。

「あした病院にいってチックンだねぇー」って

話したら昼過ぎに出ました。

 

さすがに5日日も出ないと不安になってしまいますね。

なぜ出ないのか、食べるもの、してあげられる事

病院へ連れて行くかどうかの判断等、

 

我が子を通して考えられる事や

出るまでにしてあげた事を纏めてみましたので

参考になればと思います。

 

 

 

便秘になる原因

 

 

①食物繊維が不足している

(野菜嫌い・炭水化物のみに偏る等)

②運動不足

③我慢している

④食べず嫌い

⑤水分摂取不足

⑤帝王切開分娩であった

⑥ALL粉ミルクで育てた

 

⑤と⑥は直接関係しているか分からないのですが

帝王切開の場合は腸内細菌が引き継がれない為

アレルギー体質になったりするという研究結果も

あるようです。

 

 

 

食べると良い食べ物

 

 

・納豆

・ヨーグルト

・オリゴ糖

・オクラ

・芋類

・海藻類

 

 

などが腸内環境を整えてくれるので

便秘予防の意味でも積極的に取り入れたい

食品です。

 

 

 

 

してあげられる事

 

 

子どもが便秘になったら、まあ

まず見守るしかないのですが

お腹がカチカチに張ってきたりすると

 

その違和感からか異変を訴えてきます。

 

お風呂や就寝前の【おなかマッサージ】と

【足を持ち上げての体操】が良いと思います。

 

おなかマッサージは、ノの字を描くように

手のひらで摩るように行います。

 

体操は仰向けで寝た状態で両足をもって

前後左右にゆっくりと動かします。

 

変な力が入らないように

リラックスした状態が良いと思います。

 

 

 

 

病院へ連れていくかどうかの判断

 

 

・顔色が悪い

・元気がなくぐったりとしている

・お腹の張りが強く、泣いている

・明らかに食欲がない

・おう吐・血便が出た

 

 

上記の場合に該当する場合は

病院へ連れて行きます。

日曜日や夜間診療を受け付けてくれる

病院を日ごろからチェックしておく事も

大切になってきます。

 

便秘と決めつけていたら

腸閉塞だったなんて事も有り得る訳で

けっして軽視できません。

 

#8000への電話相談もアリです。

子ども医療電話相談事業(#8000)について |厚生労働省

 

 

またいつも通り、食欲もあり元気な場合は

様子見で良いと思います。

 

〇日間出なければ便秘というのは無くて

子どもによって異なるようですので

普段の間隔を覚えておく必要がありますね。