最近まで車を買う時は

現金一括ニコニコ払いの雰囲気を出して

価格交渉をすることが一番安く買えると

思っていました。

 

あながちそれも間違いではないようですが

時期によっては違った方法での購入が

安く購入するコツと言えます。

 

先日、ガリバーで店頭価格110万円の

車検切れ間近の中古車を車検更新費用込みで

ある方法を用いて2割引きで購入できましたので

その方法をレポートに纏めました。

 

 

 

店頭価格から20万円以上安く買う方法

 

 

ガリバーがあっせんしているローン会社で

ローン契約をして、納車されたらすぐローン会社に

電話を入れ、一括返済を申し出ることで

約2万円分の手数料が発生しますが現金で買うよりも

実質20万円以上安く車が購入できるというものです。

 

 

 

 

なぜローン契約すると購入価格が安くなるのか?

 

 

これは店員さんに聞いても教えてはいけないと

教育されているのか詳しくは教えてくれませんでしたが

恐らくは、

あっせんしているローン会社とカリバーは提携関係に

近い状態で、ガリバーに売り上げを上げなければ

いけないのは当たり前ですが、ローン会社にも

売り上げが必要でノルマもある。

 

したがって車体価格を

本来の金利分の値下げをするので

ローンで契約してもらえませんかと営業担当は言う。

しかも

納車後であれば一括返済をしても良いとの事。

 

つまりは

ローン会社が必要なのは金利による儲けではなく

あくまで表面の売り上げであることが判ります。

 

 

 

この方法が適用される時期について

 

 

この一括返済ローンの裏ワザは

年中やっているわけではなく、繁忙期は

避けていることが判りました。

 

車が年間を通して一番売れるのが

1月~2月

決算が3月であるとすれば

売り上げの上がらない決算後の

4月~5月のゴールデンウィーク前まで

が狙い目であると言えます。

 

 

 

さいごに

 

 

この方法は最初から自動車ローンを

組んで車を購入する予定であるならば

使えない裏ワザになります。

 

狙った中古車を買えるだけの

現金があり、車を購入する予定が来たならば

上記方法を用いて営業マンと駆け引きしてみたら

いかがでしょうか。

 

「現金で購入したいが安くならないか?」

「予算がこれしかないが何とかならないか?」

と言って相談してみて下さい。

 

売り上げの上がらない時期であれば

売る側が妥協してくれるチャンスは

大いにあります。

 

大事なのは

「タイミング」と「勇気」だと

あるボクサーが言っていたのを思い出しました。