私の家計は代々伝わる糖尿病の家計で

祖父や父に至るまで糖尿病の合併症で

壮絶な闘病生活を送ってきました。

 

いくら気を付けていても

遺伝性とあればいずれ我が身にもと

恐怖を覚えてしまいます。

 

毎年の健康診断では

血糖値は基準値内に収まっているものの

肝機能・腎機能は要精密検査

血圧もやや高めに出てしまい

年々上昇傾向にあります。

 

 

 

なぜかイライラが止まらない

 

 

家族から言われたこと、その言い方にまで

いつもはイライラしない事が、急に許せなくなったり

相手がワザと私を怒らせていると被害妄想を

巡らせるほどおかしくなっている自分が、

驚くほど客観的にそして冷静に理解できました。

 

でも自分がなぜイライラしているのか、

自身へ問いただしても分かりません。

ホルモンバランスが崩れているのか、

それとも若年性更年期障害というやつなのか、

調べてもしばらくは分かりませんでした。

 

自覚症状と言えば

・身体がだるい

・イライラする

・頭痛

・めまい

・寝たのに疲れが取れない

 

そういえば幼い頃に

身体がだるいと言っては一日中ふとんで寝ていた

今は亡き父の姿を思い出し、寒気がしてきました。

 

 

 

砂糖の過剰摂取になっていませんか?

 

 

明らかに砂糖の摂取量は増えていました。

1日に1杯飲んでいたカフェオレは5杯から6杯

週に数回のライフガードという炭酸飲料は

1日でペットボトル1本分飲むようになっていました。

 

イライラするときに無意識に飲んでいたのが

カフェオレとライフガードです。

 

このような飲み物の中にはたくさんの

砂糖が入っています。

その他にも煮物等料理の中や

外食で利用するファーストフードにも

たくさんの砂糖が使われているので

完全に砂糖の過剰摂取に陥っていました。

 

 

 

砂糖の負の連鎖と依存性・中毒性

 

 

①砂糖を摂取する

②血糖値が急激に上がる

③血糖値を下げる為インスリンが大量放出

④血糖値が急激に下がりすぎて低血糖状態

⑤血糖値を上げる為、砂糖を欲する

 

これが砂糖の負の連鎖で

依存性が高くやめられなくなってしまいます。

 

またイライラしたり疲れたり、頭痛が起こるのは

砂糖の過剰摂取からくる中毒症状です。

 

 

 

砂糖の過剰摂取で引き起こされる病気

 

・糖尿病

・動脈硬化症

・うつ病

・アルツハイマー

・腎臓病

・肝臓病

・骨粗しょう症

 

 

 

身体に良い砂糖と悪い砂糖

 

身体に良い砂糖

・黒砂糖

・てんさい糖

・和三盆

・きび糖

 

 

身体に悪い砂糖

・白砂糖

・グラニュー糖

・角砂糖

 

など他にも沢山あります。

 

また身体に良いとされる砂糖でも

1日に20グラム以上摂取してはいけないそうです。

身体に必要な栄養分ですが取りすぎれば「毒」となる

という事ですね。

ちなみに私の好きなライフガードには

100mlあたり9グラム×5でペットボトル1本で

45gもの砂糖が入っている計算になります。

 

1日に摂取して良い砂糖は20gなので

多くてもコップ一杯くらいに留めておかないと

過剰摂取になってしまうという事実がそこにはあります。