世界一受けたい授業の放送で

デブ菌を減らす方法が紹介されました。

やはり好きなものを食べて

かつ

太らない体というものは羨ましい限りです。

 

私の家計は先祖代々

食べたら食べた分だけ太る体質であることが

写真を見ただけで確定です。

 

さっそく自分自身へのメモのつもりで

纏めてみました。

これから実践してみようと考えています。

 

 

 

そもそもデブ菌とは?

 

 

体を太りやすくしてしまう原因となる菌

「ファーミキューテス」と言われており、

消化された栄養を体内に溜め込もうとする

働きがある。

 

反対にヤセ菌というものもあり、腸内の

デブ菌とヤセ菌の理想的な比率は4対6とされる。

 

人が食べたもののうち、80パーセントは必要な

栄養や水分として小腸で吸収され、

吸収されなかった残りの20パーセントは大腸を

通って排出されてゆくが、

腸内が悪玉菌やデブ菌で支配されていると

それが排出されずに溜め込まれてしまう。

 

つまり腸内環境が悪いと太りやすいという事ですね。

 

 

 

 

デブ菌とヤセ菌の割合が7対3で肥満体質

 

デブ菌の好きなものは脂っこいもの

・ラーメン

・ハンバーグ

・ステーキ

・かつ丼

・マクドナルド等のファーストフード

 

なるほど・・

私の好きなものばかりです。

 

 

 

 

デブ菌を減らし痩せやすい体を作るには

 

◎夜にヨーグルトを食べる

夜に食べるので加糖なしタイプが良いのではないかと

思います。乳酸菌が腸の活動をサポートし、善玉菌を

増やす働きに期待します。

 

◎1日のうち、空腹時間を6時間以上確保する

そうする事でデブ菌は弱り、ヤセ菌が活動しやすくなるそうです。

 

◎ファーストフードを食べ過ぎない

 

◎水溶性食物繊維を摂取する

水溶性食物繊維の例

・にんにく

・ごぼう

・納豆

・オクラ

・海藻類など

 

テレビでは酢キャベツがおススメだと

紹介されていました。

 

 

ダイエットと言えば

糖質制限や過度な運動がまず最初に

来てしまい、ダイエットというワードが

出てくるだけで身構えてしまう弱い自分がいます。

 

やはり

好きなものを食べているのに

太らない事

太らない体であることが理想形です。

 

最近はサプリメントの普及で

沢山のサプリメントで市場は溢れかえっており

どれを選べばよいのか

本当に効果があるのか

イマイチ信用に値しないというか

 

多少の効果が期待できても

そのサプリメントを購入し続ける

経済的余力もそんなに有るわけがない。

 

手始めに、比較的安価な

「酢キャベツ」を今までの食生活のまま

取り入れてみてその効果を検証してみたいと

思います。