ラプラスの魔女とは

 

 

作家デビュー30周年を記念して2015年に

作られた長編小説で、東野圭吾自身これまでに

輩出してきた作品の概念をぶち壊すような作品に

したかったという思いで書き上げており、

つまりこれまでには無かった意外性を追求している

事が伺えます。

 

作家にとってそれは大きな賭けでもあることは

言うまでもありません。東野圭吾ファンにとって

その変化は受け入れられず離れて行ってしまうかもしれないし

その逆かもしれない。

恐らくそのままでもヒットを量産することが

十分可能な領域にいるはずなのに、

それでも表現者としてこれまでの殻を破り

新たな道を進もうとする姿には感銘を覚えます。

 

そしてその『ラプラスの魔女』の映画公開が

2018年5月4日(金)に決定しました。

 

ラプラスの魔女とは広瀬すずが演じる

自然現象を予知できる少女「羽原円華」

の事で、それを解明していくのは

櫻井翔が演じる「青江修介」なんだろうと

思いますが、

映画館の巨大スクリーンで楽しんで欲しいと

思いますのでここではネタをバラすようなことは

しません。

 

 

 

キャスト

 

 

○櫻井  翔  (青江  修介  役)

SAKURAI  SHO  /  AOE  SHUSUKE

 

○広瀬  すず  (羽原  円華  役)

HIROSE  SUZU  /  UHARA  MADOKA

 

○福士  蒼汰  (甘粕  謙人  役)

FUKUSHI  SOTA  /  AMAKASU  KENTO

 

その他に

豊川悦司、玉木宏、リリー・フランキー、

高嶋政伸、檀れい、志田未来、

佐藤江梨子、TAOといった

実力派人気キャストが集結しています。

 

 

☆監督:三池 崇史

MIIKE  TAKASHI  /  DIRECTOR

 

◎原作:東野 圭吾

HIGASHINO  KEIGO  /  ORIGINAL  AUTHOR

 

 

 

 

主題歌

 

「FADED  /  フェイデッド」 アラン・ウォーカー

 

 

 

 

 

東野圭吾作品の魅力とは

 

 

私はビジネスや哲学の本は好んで読んできましたが

ミステリーやサスペンス系の小説はあまり触れては

きませんでした。

特に東野圭吾作品は私の恥ずかしい勘違いのせいで

避けられてきました。

 

お笑い芸人の東野幸治だと勝手に思い込み

「芸人がサイドビジネスで書いた小説」的な扱いでした。

 

東野圭吾と東野幸治が全くの別人だと気づいたのは

思い込みから3年後の事でした。

とても申し訳なく思いお詫びのつもりで

ガリレオシリーズ「容疑者Xの献身」を

本屋さんで購入しました。

 

何故それを選んだかというと

黒一色に一輪の赤い薔薇のジャケットを見て

X  JAPANが関係しているかもしれないと

直感的に思ったからです。

 

でも全然関係ありませんでした。

 

純粋な愛ゆえに花岡靖子という女性を庇うために

自分の将来をも犠牲にし、事件の迷宮入りを狙う

天才数学者の石神。

対して捜査協力の要請を受けてその真実の解明に

踏込んでゆく天才物理学者の湯川。

まさに数学VS物理の壮絶なバトルが繰り広げられる

深いストーリー性に驚愕し、一気にその世界へ

引き込まれていく魅力に溢れています。

 

 

 

 

さいごに

 

 

「ラプラスの魔女」は間違いなくGWを席巻します。

 

映画のお話をしたあとでアレですが、やはり映画

というものは作者の原作を1から10までを完全に

なぞるとは思えません。

 

監督の判断やキャストのアドリブまたは

事務所の見えない力が働いてしまい

せっかくのオリジナルを上塗りされてしまう事が

あり、正直残念気持ちになることがあります。

 

なので映画を観た後で

原作の小説のほうも読んでみることを

お勧め致します。

 

「あっ、ここ違う!」

と新たな発見を指摘し優越感に浸るのも

新しい楽しみ方かなと思います。